家庭教師の仕事
みなさんこんばんは~

ここもちょっと御無沙汰になってしまいました~(^^ゞ

で、ホンマはまたアンケートもええかなぁ~とか思ってたんですが

おいらが今やってる家庭教師の仕事のお話をします





自営でやってる塾の方は今生徒が減ったせいもあって事務所を引き上げ

私事とは言え一旦生徒を手放したことで

家業はともかく本業に関しては無職になった時期もあったのですが

12月から改めて生徒も戻し、かつ9月頃からお願いしていた家庭教師の派遣会社から委託され

現在数人の生徒を引き受けています



しかしこの会社は普通の家庭教師ばかりではなく

いやむしろ「発達障害」の子をメインに受けてらっしゃるのです



まず初めにお断りしておきますが、これは極めて真面目なお話です

これからお話することは非常にデリケートなものです

決して興味本位や好奇心などでは読まないでいただけるようお願いします

そして、こんな話だからこそ何か御意見や御感想などあったら遠慮なく書いていただけたら幸いです






正直に申しまして「障害」という言葉を聞いたとき

私の中では知能的な部分の障害かと思いました

私が子供の頃は発育障害、それに伴う知能的な遅れのある子供が

通常のクラスで授業を受けられないという状況がよくありました

しかし、今私が直面しているものは「発達障害」といわれるもので少し違うのです

御存知の方はいらっしゃいますか?

今自分自身そういう子供たちを数人知ってとても難しいものだと痛感しています

これは現代の社会問題と言っても過言ではないのかも知れません



簡単に御説明しておきます(会社からもらった文書を引用)



〈発達障害とは?〉



…通常子供は成長に伴い、発達にふさわしい知能や精神活動等を獲得していくが、それが何らかの理由で送れたり、妨げられたりする障害を指す。その症状が低年齢において発現し、障害特性が一生を通じて変わらぬもの。



 ◎ 自閉症・アスペルガー症候群などの広汎性発達障害

 ◎ 学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(AD/HD)などの脳機能障害




こういったものがあります



今実際に受け持っている子供は様々です

例えば、一人だけ小学6年生の男の子がいるのですが、この子は興味のある事に関してはとても立派な知識を持っています。計算力もあります。ピアノも弾けます。正直潜在能力はかなり高いです。

しかし集中力がなく、面倒臭がりのせいか漢字を読むことはそこそこ出来ても、書くことはあまり出来ません。

中2の男の子2人は英単語がまるで覚えられません。

一方はキッチリした字を書きますが、勉強に対しての興味が非常に薄く、頭に記憶されるほど吸収しきれません。

もう一人は続け字を書いてしまう癖があり、私はおろか、自分でも書いた字がわからないほどです。でも理科や社会は好きでテストもそこそこの成績です。

他にあと2人の生徒を担当しています。



そして今日も新規の生徒の依頼を受けました

21歳の男性で今は仕事をしているのですが読み書きがひらがな、カタカナが書けるくらいで漢字を指導して欲しいとのことです

年齢的なものもあるのかも知れませんが、学習意欲はあるらしく、少しでも漢字の読み書きが出来るようにしたいとのことです

この生徒も引き受ける意志でいます



これまで発達障害とは縁のない子供たちばかり教えてきた私にはまるで指導方法が変わってしまい、正直試行錯誤の日々です

でも、その今まで受け持ってきた発達障害のない子供たちも実はそんなに変わらないところがあると思っています。

それは学習の仕方にあります

これはいわゆる頭がいいと言われる子でも紙一重のような気がします

それは能力の問題ではありません

「考える力」「作り出す力」何よりも

「知ることへの好奇心」の欠如です



近代化したこの世の中で学習の基盤になる書く・読む…この二つが段々減少してきています

そのいい例が携帯やパソコンや電子辞書です

そう、特に漢字ですが、英単語などです

私も今こうやってパソコンを使っています

携帯も使います

電子辞書はあると便利だから欲しいとは思いますが、今はありません

しかし英和・和英辞典のソフトはインストールしてあります

私たちは「ない時代」から「ある時代」を生きてきたから問題ないですが

今の子供たちには最初からすべてあるんです

これは深刻な問題なんです

今の子供は変換できれば正しい字を選べるかも知れません

しかし数年後には変換した字のどれが正しいのかわからなくなるかも知れません





これを読んでくれている小中高のお子さんをお持ちの方へ告げたい

子供たちといっぱい話をしてください

少しでも知識を身につけてやってください

知らないことをさりげなく教えてあげてください

もっと本を読ませてください

もっと字を書かせてください

もっと言葉を大事にさせてください

それが出来るのは、いや、しなければならないのは先に生まれた大人です

先生という言葉は先に生まれると書くんです

子供にとって大人はみんな先生なんです

お手本なんです

まずそれを改めて考えてください




発達障害は深刻な問題です

先天性のものなら仕方ない部分もあります

でも環境はもっと大きな影響を与えます

発達障害は周りによって作りだされてしまっているものなのかも知れないのです



知っていて無駄になるものはない



そのことを子供に教えてあげてください





意味不明な内容になったかも知れません

でも所々でもいいからわたしの言いたいことわかってください

何かあったらこのことはまた触れたいと思います

長い文章に付き合っていただきありがとうございました

 

 
[PR]
by maimuphoto | 2008-02-11 22:28 | 夜景
<< 冬らしさ そろそろ更新したいのですが >>



ラグナロク 印刷