セリフ
みなさんもよく御存知『セリフ』という言葉…
漢字が2通りあるのを知ってますか?

1つはほとんどの方が知ってる

 台詞

これは読んで字の如く舞台での言葉の意味ですね
そしてもう1つが

 科白

知ってらっしゃる方はいらっしゃいましたか?
おいらは確かこれを高校生の時に知ったと思います
でもなぜこの漢字なのか?
どういう意味があるのか?
それを知らないまま今まで来ました

先日家庭教師で中学生1人と高校生とその御両親にその話をしたんですが
この感じの意味までは説明出来ないままでした
で、調べたところ…

江戸時代初期ごろより用いられている言葉で、「競り言ふ」を約したことに由来すると推定されている。漢字の「台詞」は舞台で発する言葉を指す「舞台詞」の略と考えられている。「科白」はもともと「科」が俳優のしぐさ、「白」が言葉を指しており、日本においては言葉の意味だけを指すようになった。~出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』

だそうです
何だか今ひとつ納得行かないですがそうらしいです

漢字と言うのはその字がちゃんと意味を成しているものがほとんどですが
当て字のようにそこから意味を読み取れないものも多くあります
現代の子供たちは漢字やことわざや慣用句の知識が正直少ないです
漢字は絵のような感覚のようです
ことわざや慣用句については
生徒のお母さんと話していてもいつも同じ意見になるのですが
自分たちは知らず知らずのうちに知っていたから
子供が知らないと「えっ?知らんの?」って思うと…
確かにそうなんです
そしてそのときに教えてあげたりするのですが
今の子は必要ないと思ったことにはまるで興味がなく
そのまま通り過ぎてしまう傾向にあります
好奇心がなさすぎるのです

別に知らなくてもいい
そんなの周りのみんなも知らない
 

そんな感覚なんです
知らないと絶対に困る
知らないと生きていけない
そんなことはありませんが
何だか淋しいですね…
 
 
[PR]
by maimuphoto | 2008-09-10 13:53 | 言葉
<< 奥琵琶湖にて… 9月 第17回どんぶり同好会 >>



ラグナロク 印刷