あなたは使い分けてますか?
日本人は漢字を使います
この漢字の重要さをみなさんは考えたことがありますか?
おいらは塾講師で高校生を主体に中学生まで教えていますが
専門が数学の理系がメインの人間なのに漢字に五月蠅いです~笑

おいらは小さい頃から漢字に抵抗がなく好きでした
何しろ幼稚園位の頃から

麒麟

が書けた人ですから~爆

理由は単純で、じいさんが相撲が大好きで、家族で中入り後の取り組みのトトカルチョ的な遊びを毎場所やっていて平均して十八番ある取り組みの力士名を書いていたからです

大麒麟や麒麟児、鷲羽山や大鷲、魁傑などなど・・・

画数の多い漢字がわんさかありましたが、
これのおかげで子供らしくない漢字をいっぱい知っていました~笑



さて、本題ですが・・・
日本語には1つの言葉にいくつかの漢字が考えられるものが多数あります
それをおいらは自分なりに丁寧に使い分けようとする習慣があります

例えば・・・

うまい→上手い・巧い・旨い・美味い
のむ→飲む・呑む
くう→食う・喰う
つかう→使う・遣う
かなしい→悲しい・哀しい
さびしい→寂しい・淋しい
おもいで→思い出・想い出
あいたい→会いたい・逢いたい


などです
特に感情が絡むものには多いみたいですね
どちらを使っても問題ないものもありますが
使い分けることで感情表現できるものはそれを考えておいらは使います

携帯でもPCでも変換すればその言葉に値する漢字が何通りか出て来ますが
この使い分けを意識するほど今の若い子ほど言葉や漢字の意味を知りません

昔教えていた女の子の生徒が携帯メールの中でこういった使い分けを

  「気分で使っている」

みたいな風に言ってました・・・ダメじゃん・・・って思いましたねぇ~笑


みなさんは日常の中でこんなこと考えたことありますか?
[PR]
by maimuphoto | 2007-04-10 01:01 | 言葉
<< やっと桜を撮ってみた・・・^^ 久々なのに・・・ >>



ラグナロク 印刷